SNS担当者向け: 自社Instagramアカウントを売り上げに繋げるための運営方法とは?

SNS担当者向け: 自社Instagramアカウントを売り上げに繋げるための運営方法とは?

「自社アカウントへの日々の投稿をセールスに繋げるには?」

ソーシャルメディア担当者が一番頭を悩ませる課題の一つです。

 

SNSマーケティングを行なっているブランド担当者のほとんどが持つ悩みですが、自信を持って答えられる方は少ないのではないでしょうか?

 

今回は、アカウント投稿コンテンツ&フォロワー属性について、お話しさせて頂きます!

 

1. Instagramコンテンツのキーワードは「Instagram向けのブランドの世界観」

まず、ブランド担当者に考えて欲しい点は「Instagramに合ったコンテンツを投稿しているか?」ということです。

ファンはInstagramを使って、最新のトレンドをチェックしています。その時のチェックポイントは、「自分に置き換えて想像することが出来るか?」です。

 

“ 現実的 ”で” 面白味のある ”コンテンツがユーザーの心を掴み、

「自分が実際に食べてみたい。」

「自分が実際に着たい。買いたい。」

「自分が実際に訪れてみたい。」

を引き出します。

 

その対極にあるのが、カタログ等に掲載するような”非現実”で、”買わせようという気が満々”なPRコンテンツ。
日頃からInstagramを使っているユーザーから、”PR臭のするコンテンツが多いアカウント”は敬遠されてしまいます。

 

データによると、「ブランドアカウントをフォローし始めたユーザーが商品を購入する割合は、ブランド発信のコンテンツ最低3枚を見ることで40%上がる」とのことです。

 

日々の投稿で商品・サービスのPRをしつつも、フォロワーを増やし、ブランド認知度を向上させ、売り上げにも繋げるにはどうすれば良いでしょうか?

 

それはInstagramを「ブランドの世界観を表す一冊の雑誌」として、ブランド担当者が”雑誌の編集長”となることです。

Instagramユーザーに自社アカウントをフォローしてもらう動機付けとなる、投稿する一枚一枚の写真。

ユーザーがフォローした後にフォローし続けてもらう為のフォローアップとして必要な、全体のブランド世界観。

 

以上を、自社アカウントの投稿コンテンツをプランニングする際に考えてみてください。

 

2.「フォロワー = ターゲット顧客」を再度チェック

弊社にて担当させて頂いたクライアント様の中に、「フォロワーはいるのに、売り上げに繋がらない」という悩みをお持ちの方がいらっしゃいました。

 

全てのSNS担当者に活用してほしいのが、ビジネスアカウントに切り替えることで使える、Instagram のアナリティクス(分析)ツールです。

自社アカウントのコンテンツがどれだけアクセスされているか、どのような人が見てくれているか、どういった投稿やストーリーに興味を示してくれるかといった分析が無料で行えます。

 

特に「フォロワー属性解析」では、フォロワーについて、性別、年齢、位置情報、アクティブな時間帯の他、インプレッション数、リーチ、エンゲージメント数を確認できます。

 

“ブランドのターゲット”と”フォロワーの属性”はマッチしていますか?


弊社にて、” 関東エリアの20~40代女性がメインターゲット ”のクライアントのデジタルマーケティングを担当させて頂いた際のフォロワー属性がこちらです。

1514080219096.JPEG

・SNSアカウントブランディング

・投稿コンテンツ制作

・日々のアカウント運営

・キャンペーン企画・マネージメント

を弊社で担当し、「フォロワー = ターゲット顧客」を達成することで、Instagramを「 ファンと直に繋がることが出来る場 」として活用頂けました。

 

 

以上、参考になりましたか?

Instagramでのマーケティングを始めたい・日々の投稿コンテンツに悩むマーケターの方々!

いつでもMonita チームまでご連絡ください!

 

SNS担当者向け:デジタルマーケティングによる、店舗の認知度向上・集客方法とは?

SNS担当者向け:デジタルマーケティングによる、店舗の認知度向上・集客方法とは?

インフルエンサー向け:良いPR投稿・悪いPR投稿

インフルエンサー向け:良いPR投稿・悪いPR投稿